2017.10.15尻別川水系へ

ブログへの掲載が前後しますが、10月中旬に行った尻別川水系への釣りの話です。この日の前日、釣り仲間であるFさんから時間ができたので久しぶりにどうですか?と誘いを受け、あわてて妻に許可を求めた。許可を求めてダメだったことはほとんどないが、一応の気遣いである。今回も快諾してくれた。但し、いかにも川に流されそうな人間だからそこんとこは気をつけていけとのお達しだった。
昼過ぎまでの半日OKとのことだったので遠出をすることに。Fさんが場所は任せるというので喜茂別方面へ行くことにした。実は以前から気になっていた川があったのだ。今シーズンは2度尻別川の支流に挑戦したがまともな釣果を得られず、悔しさからリサーチを進めていたのだ。リサーチと言っても北海道の釣りポイント紹介する本を見ただけだが... 昨今はどちらかというとネットの情報を仕入れることが多い。本に掲載されているポイントがどれほどの影響を持つのか私にはあまりわからない。はたして本に掲載されたポイントは多くの釣り人によって荒らされているのか、はたまたそうでもないのか、それを確かめるための釣行となった。
運転はFさん。なので主に私がだべりながらの目的地までの1時間。実はこの「だべり」が一番楽しかったりするのが単独行とは大きく違う点だ。話題は多岐に渡る。釣りや仕事、家族や食べ物など。99%がどうでもいい話なのは言うまでもない。

最初のポイントに到着。日の出直後の陽光が紅葉した木々に当たり大変美しい。これは間違いなく吉兆ですねと互いを励ましつつ入渓した。尻別川支流のP川。支流とはいえ水量の多い一端の河川だ。豊富な水量と川底のぬめりのため慎重に釣り下る。本で紹介されていた本流との合流点までの1キロ弱の区間だ。本が言うとおり深場が連続し自然河川らしさが多く残る、っぽさは満点のエリアだ。だが...なにもいない。魚の気配が全くと言っていいほどない。一度Fさんの竿にまあまあのアタリがあったのみで早々に合流地点に到着してしまう。いやーさすが尻別川っすね、という皮肉を二人で川に浴びせつつ車に戻る。さて、まだ時間はある。同じく本から情報を得たもう一つの支流に行ってみることに。
喜茂別市街から近いN川。比較的小さい川である。本によれば合流地点から魚影が濃いとのこと。先ほどの例があるので全く信用せずむっつりしながら入渓した。合流地点は低めの堰堤があり魚が生息している川であれば間違いなく魚がいるポイント。毛ばりを打つ。打つ。打つ。打つ...まったく反応が無い。「来ました!!」とFさん。何が来たんだろうかーとFさんを見ると大きくしなる竿。おぉ、魚がいた。根掛かりではない。上流下流に走る魚は対岸の私の前までも走ってきて目があった。こちらで掬いましょうかーと冗談を言うが、久々のアタリにFさんはそれどころではない。そう言った直後、Fさんの竿がピンっと真っ直ぐに...ばらしてしまったようだ。私も見ていたが尺サイズのニジマスであったことは間違いない。
私もFさんも尻別川にはまったく良い思い出がない。まともなサイズの魚を釣ったことすらない。なので今回のバラシは我々にとっては福音でった。「尻別川って魚がいるんですね!」と思わず私は叫んだ。Fさんはニヤッとしただけだが、心の中では同じことを思っていたに違いない。
その後、まだアタリすらない私に先行させてくれた。脱渓地点までは1キロ弱。幸先の良いスタートに気合いが入る。だがアタリはあれど釣れるのは5センチ程度の小魚ばかり。まぁでも今日は魚を見れたしもういいかなぁとFさんに先行を譲る。Fさんが先行し私がカメラを取り出した直後、Fさんが再び「来ました!!」と叫ぶ。

今回もニジマスのようで下流に勢いよく走りだした。10メートル程度下流にいた私を追い越し、Fさんとニジマスは仲良く川を下って行った。いいなぁ。私も魚と川下りがしたい。
釣れたのは25センチのニジマス。Fさんにとって尻別川水系での初めての1匹となった。



その後は双方まったくアタリが無いまま時間切れ。脱渓地点にはおどろおどろしいクマ出没注意の看板があった。比較的市街地に近いにも関わらずだ。さすが羊蹄山麓といったところ。行かれる方は十分注意してください。
今回の釣行、1匹はバラしてしまったが、2度まともなサイズの魚を見ることができて、私は大満足であった。やはり二人で行くと魚を見られる確率が倍になるので情報を得やすい。この日も一人だったら尻別川に対する悪い感情は変わらないままであっただろう。確実に魚はいるようです。そして本に紹介されてしまっているポイントでも粘れば魚は出てきます。